大竹市C邸 リフォーム工事   

求めたのは、明るさと開放感



担当設計士  
中 村 克 彦
施主様のご要望であった明るい空間づくりは、リビングとキッチンを一体化することで解決。南北がひとつの部屋でつながった
ことで風通しもよくなりました。
将来のためのバリアフリー化は居室間の段差の解消はもちろん、使いやすい大きめのスイッチを採用し、位置も低めにした
ことで現在も将来も住む人に優しい住まいになったと思います。


「ライフスタイルにフィットしたわが家を」

【施主様の声】

家を建ててから数十年、子供が独立するなど暮らしも大きく変わりました。
居室は数を多くすることを優先して建てたため、ひとつひとつの部屋が狭く
使い勝手が悪いなど多くの不満があり、リフォームを決意。
リフォームをするにあたってはとにかく明るくオープンな空間づくりと、将来
に備えてバリアフリー化をお願いしました。
リフォーム完成後は想像以上に開放的で爽やかな印象となり、安全かつ
快適に暮らせる家になったと思います。
                     施主様のこだわりポイント
         すっきり片づく
       豊富な収納スペース
      将来の暮らしに備えた
       バリアフリー化
   安全で使いやすい
  電化オープンキッチン
  リビングには、家族共通のものをしまえる大容量
  の収納を配置。部屋に物を置かないことで、より
  快適でゆとりのある空間が生まれました。
  キッチン横の造りつけの棚は、普段よく使う物を
  置くのにちょうどいいサイズです。
  座ったり立ったりが楽になる手すりや開閉
  しやすい引き戸、つまづきを防止する段差
  の解消など、毎日使うトイレをバリアフリー
  化しました。建具の色はリビングの収納と
  揃えて統一感を持たせています。
 キッチンはリビングにいる家族
  とも会話ができる対 面式。
  IHクッキングヒーターを採用し
  ているので火を使わずクリー
  ン。お手入れも簡単です。
こちらの写真はリフォームの前と後です  
居間〜キッチン&リビング  
和室とDKの壁をとる事で広くて明るい居間になりました。
Before
     
After
 キッチン   キッチン横の物入れ               リビングダイニング
    
 クローク

トイレ
バリアフリー化したトイレです。
Before     After