大竹市A邸 内外部リフォーム工事    担当設計士:廣沢恭彦
玄 関
外から玄関を見たところです ※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます
Before After
玄関の中です
After
【設計士のコメント】
 玄関ホールの床は、板張りにせず現在ではあまり見かけない畳敷きとする事によって
 ぐっと落着いた感じになりました。
 玄関の外観も新設した玄関ドアの横に板を貼る事によって温かい感じに仕上ったと思います。
階 段
横の壁を取りました
Before After
2階から見下ろすと
【設計士のコメント】
 既存の階段は、薄暗く急勾配だったのですが...  明るく緩やかにかつモダンになりました。
 この階段は、写真で見る限り普通の造りに見えるのですが非常に困難な造作となっております...
 これも大工さんの技術の高さがあってはじめて出来た事だと思います。
2階 部屋&廊下
廊下と部屋を一体にしました
開閉扉により、廊下と部屋を分けれます
Before After
上の写真の反対側から
見たところです
【設計士のコメント】
 改修前は、3部屋個別の部屋だったのですが... 改修後には在来和風住宅の利点である
 風通しの良い間取りをヒントにして? 3部屋が、引戸を開ける事によって 1部屋にもなる
 造りになっており、色々な生活スタイルに対応できる間取りになったと思います。
1階 キッチン&居間
改装後の写真だけですが、ご覧ください
キッチン側です キッチンの反対側です
【設計士のコメント】
  キッチンは、在来の位置を変更して気分も新たに...
  収納力アップ、作業効率もアップした様に思います。